体臭を減らすにはどうしたら良い?臭いと言われた私の体臭改善法!

臭いって言われた…死にたい

 

 

 

あなたは誰かに「臭い」って言われたことありますか?

 

 

 

言われたことない人は想像してみてほしいんですが、これってかなりダメージが高い一言なんです。

 

例えば、見た目の事を「ブス」「ダサい」とか言われるのもショックではあるんですけど、

 

自分がブスだったりダサくても相手に何か迷惑をかける訳じゃないですよね。

 

だから開き直ったりすることもできるんですよ(笑)

 

 

 

でも自分がもし本当に臭いのなら、周りに迷惑をかけている可能性があるんです。

 

言った人だけでなく、周りの人全てに…。

 

(大事な人にも迷惑をかけてるかもしれない)とか罪悪感を感じてしまうのが「臭い」って言葉なんです。

 

しかも、ニオイって自分じゃどこまで臭いのか分からないので、余計心配になっちゃうんですよね。

 

 

 

 

 

なんでこんな「臭い」について語ってるのかというと、私自身が3か月前くらいに彼氏に

 

「なんか最近臭くない?体調悪いの?」と言われてしまったからです。

 

私はこれまでそれなりにオシャレや身だしなみには気を遣ってきたつもりだったので、

 

その一言が本当にショックでした。

 

 

 

しかも言われたのが大好きな彼氏…。

 

最初は恥ずかしすぎて死にたい、とすら思いました。

 

そこで、もうそんなこと言われたくない一心で、すぐに体臭を減らす努力をすることに決めたんです。

 

体臭の種類はこんなにある!

 

 

 

こうして体臭について色々調べ始めた私ですが、体臭って言っても色々あるのをご存知でしょうか?

 

まずは自分が何で臭いのかを知らないことには始まりません。

 

原因によってどの場所からニオイが出てくるのか、原因は何なのかが変わってくるからです。

 

ここでは私が勉強した体臭の種類をまとめてみました。

 

 

汗臭

 

 

 

まず、真っ先に気になるのが汗のニオイですね。

 

汗は誰でもかくので、「臭い」と言われれば汗臭の可能性は充分あります。

 

汗臭はツーンと鼻に来るような酸っぱいニオイが特徴です。

 

 

 

汗はア誰でもかきますが、汗臭は気になる人と気にならない人がいますよね?

 

この汗臭が臭くなる原因は、運動不足やクーラーの使い過ぎなどで普段汗をかかなく

 

なっていることが大きな原因といわれています。

 

あまり汗をかかないため、いざ汗をかくといっぺんに老廃物が排出してしまい、

 

ニオイの原因になるって訳ですね。

 

他にも食事の偏りや、汗をかいたまま放置して菌が繁殖することなどが

 

汗のニオイを強くしてしまうようです。

 

 

わきが

 

 

 

どんな臭いなのか知らなくても、わきがと聞くだけでイメージが悪い人も多いのではないでしょうか?

 

わきがは玉ねぎやねぎのツーンとした臭いが特徴の体臭です。

 

元々生まれ持った体質=遺伝が原因の体臭で、日本人には10人に1人くらいの

 

割合でいると言われています。

 

 

 

人にはアポクリン腺とエクリン腺という2つの汗腺があります。

 

アポクリン腺から出る汗の方がニオイを発しやすい特徴があるのですが、わきがの人は

 

このアポクリン腺が普通の人より活発に働くことでニオイを発しやすいそうです。

 

わきが体質自体を治すことはできませんが、生活を健康的なものにすることで汗のニオイを

 

軽減することはできますよ。

 

 

加齢臭

 

 

 

40代以降の人が発する独特な体臭が加齢臭です。

 

ただ、一般的なイメージと違い、加齢臭はそれほど嫌なニオイではありません。

 

加齢臭は古い本のニオイとか線香のニオイとよく言われます。

 

 

 

これは中高年になると皮脂の中に脂肪酸と過酸化脂質が増え、この2つが混じることによって

 

生まれるノネナールという物質が原因となるようです。

 

歳を取ることによって抗酸化作用が衰え、身体が錆びてくることがノネナールを生み出す要因と

 

されていて、抗酸化作用のある物を食べる、活性酸素を増やすものを食べないなどの身体を

 

若々しく保つ対策で臭いが抑えられます。

 

 

ミドル脂臭

 

 

 

30代前後から発生すると言われる体臭で、「加齢臭」の嫌なイメージは

 

実はこちらのニオイであることが大半だと思います。

 

ミドル脂臭は古い脂のニオイ、生ごみのニオイなどと言われる強烈なニオイなんです。

 

 

 

ミドル脂臭の原因は汗に含まれる乳酸からジアセチルというニオイ物質が作られ、

 

皮脂が分解して作られる中鎖脂肪酸が混じることで発生します。

 

一般的に30代以上の男性に多いニオイですが、最近ではホルモンバランスが乱れた女性にも

 

多くなってきているそうで、女性であっても油断できません。

 

こちらも食生活や生活習慣の改善でニオイを防ぐことができますよ。

 

 

ダイエット臭

 

 

 

間違ったダイエットをしている人の特徴的な体臭です。

 

ダイエット臭は甘酸っぱいニオイ、リンゴのようなニオイと言われ、文字だけ見ればそれほど

 

嫌なニオイには感じませんが、結構臭いようですね。

 

 

 

ダイエット臭は炭水化物や糖質を極端に抜くようなダイエットで発生します。

 

炭水化物や糖質は人が身体を動かすためのエネルギーとなるものですが、これがなくなることで

 

代わりに筋肉を生成しているタンパク質を分解し始めます。

 

タンパク質を分解するとケトン体という物質が作られるのですが、このケトン体が汗に染み出し

 

体臭となってしまうんです。

 

ダイエット臭を防ぐには、言うまでもなくこのような無理な食事制限ダイエットをしないこと!

 

健康的なダイエットをするようにしてください。

 

 

病気から来る体臭

 

 

 

その他、病気が原因で体臭が発生することもあります。

 

病気による体臭は上で挙げたような臭いとは違う独特なニオイがするそうです。

 

ここではそんな病気とニオイの一例を挙げてみます。

 

  • 糖尿病 → 甘酸っぱいニオイ、リンゴのようなニオイ(ダイエット臭と同じ、ケトン体ができるため)
  • 胃腸の病気 → 硫黄臭、卵の腐ったニオイ 
  • 肝臓の機能低下 → カビ臭、ネズミ臭
  • 腎臓の機能低下 → アンモニア臭

 

このような独特なニオイを周りから指摘される場合は、ニオイが身体の不調を知らせるサイン

 

なっている可能性が高いです。

 

このような時には病院にいって検査を受け、体調を万全にすることが一番の体臭対策になりますよ。

 

 

 

 

 

自分の体臭がどれに当てはまるのか分かりましたか?

 

私の場合は汗臭が原因になっている可能性が強いかな?と思いました。

 

病気から来る体臭以外、どの体臭も食事・生活習慣・運動はが少なからず関係しているみたいです。

 

体臭を根本的に減らすには?

 

 

 

ここからは具体的な体臭を減らす方法を紹介したいと思いますが、

 

体臭を減らすためには大きく2つのことをしなければなりません。

 

1つはニオイの元を絶つ(弱める)対策、もう1つは今あるニオイを消す対策です。

 

 

 

ニオイの元を絶つ対策は上でも書いた体臭が発生する原因を取り除くことですね。

 

ここでは病気からくる体臭以外の、どの体臭にも関係するニオイ対策を書いてみたいと思います。

 

 

食べ物で体臭は変わる

 

 

 

上でも出てきましたが、体臭は普段食べているものの影響をかなり受けます。

 

ニオイが強いものは体臭が強くなるのがなんとなく想像できますが、実はニオイが強くない食べ物で

 

あっても体内で消化・分解されることでニオイの元になってしまうこともあるんですよ。

 

ここではそんな体臭がひどくなる食べ物と体臭を減らす食べ物をご紹介します。

 

 

体臭をひどくする食べ物

 

体臭を強くする食べ物の代表としては次のようなものがあります。

 

肉類

タンパク質が分解される際にアンモニアを発生させる
脂質を摂りすぎることで皮脂が増える

脂っこいもの 皮脂が増える
辛いもの 汗の分泌が多くなり、汗臭がしやすくなる
にんにく、ニラ、ネギなど 体内で分解される時にニオイ物質を出す
ヨーグルトなどの乳製品 乳糖を分解できない人が食べるとお腹の中で腐り、ニオイ物質を出す
ジャンクフード・加工食品 皮脂を酸化させ、加齢臭を発生させる
お酒 アルコールを分解する時にアセトアルデヒドというニオイ物質を発生させる
コーヒー、コーラなどカフェイン入りのもの 血流を悪くし、ニオイ物質を血中にため込む

 

これらの食べ物・飲み物はなるべく、摂りすぎに注意してください。

 

ただ、一方で全然食べないのもダイエット臭などの問題になるので、やっぱりバランス良くが大切です。

 

 

体臭を減らす食べ物

 

一方、体臭を抑えてくれる食品には以下のようなものがあります。

 

酸っぱい食べ物

酸っぱい食べ物にはクエン酸という成分が含まれています。
クエン酸は身体の疲労回復と共に、タンパク質のニオイを抑えることができると言われています。
(レモン・梅干しなど)

海藻類

食物繊維は腸内環境を整え、身体の中の有害物質の排出を手助けしてくれます。
特に海藻類は水溶性の食物繊維を多く含み、体臭の予防に効果的。

乳酸菌・オリゴ糖 食物繊維同様、腸内環境を整え体内の有害物質を排出してくれます。
野菜類

ビタミンAやビタミンC、ビタミンEを多く含む野菜類は抗酸化作用により、活性酸素を除去してくれます。
また、血行改善効果もあります。

緑茶・パセリなど

ポリフェノールの一種フラボノイドが含まれ、ニオイの元となる雑菌の繁殖を抑えます。
また、抗酸化作用によって活性酸素の除去効果も。

 

ニオイを出しやすい食べ物とかぶっている部分もありますが、これは食品の中に含まれるいくつかの成分のうち、

 

どの成分を取り上げるかによっても変わってきます。

 

つまり、体臭に良い成分と悪い成分が混じっている食べ物もあるってことですね。

 

野菜類・果物類・海藻類辺りが体臭に良い食べ物と言われるので、健康のためにもこれらは

 

是非積極的に食べたいですね。

 

 

睡眠で疲労・ストレスを解消

 

 

 

疲労やストレスが溜まると、いくらバランスの良い食事をしていても臭くなることがあります。

 

これは疲れが溜まることで肝臓の機能が低下してしまい、アンモニアが汗に含まれてしまうためで、

 

汗臭のニオイが強烈になってしまうんですね。

 

また、これとは別にミドル脂臭も疲労・ストレスで出やすいニオイとされています。

 

 

 

疲労やストレスの一番の回復手段と言えば睡眠です。

 

普段から睡眠不足ぎみになっている人は、睡眠をしっかりとってまずは心身をリフレッシュしましょう。

 

 

 

中には沢山寝ているのにあまり疲れが取れないという人もいるかと思いますが、

 

睡眠で疲れ・ストレスを解消しやすくするには、ちょっとしたコツがいります。

 

  • 寝る前の30分〜1時間前からテレビ・スマホを止め、照明を暗くしてリラックスできる状態にする
  • 毎日起きる時間・寝る時間を一定にする
  • 寝室や寝具を心地よく眠れる環境にする

 

こういった習慣を続けることで、毎日の睡眠で疲れ・ストレスが取れやすくなり、

 

疲労による体臭の心配は少なくなるはずです。

 

栄養をしっかり摂っているのに臭いという人は是非試してみてくださいね。

 

 

運動して適度に汗をかく

 

 

 

体臭を気にする人ほど、ニオイの原因になる汗をかきたくない、と思ってしまいますが、

 

汗を定期的にかいている方がニオイ物質を適度に発散しているので、ニオイを抑えることができます。

 

逆にずっと座りっぱなしの仕事をして、運動を全くしないような人は、血中にニオイ物質が

 

たまりまくっている可能性がありますよ。

 

 

 

また、運動をしないと腸の動きが弱まり、便秘にも繋がります。

 

便秘によって腸に溜まった有害物質は汗に混じってで体臭となるため、これを防ぐためにも運動は重要ですね。

 

 

 

運動すると言っても、ゼイゼイと肩で息をするような運動をする必要はありません。

 

少しでも汗をかければいいので、ウォーキングや体操など軽い運動で充分なんです。

 

続けてやることが大事なので、会社の帰りにウォーキングする、寝る前に筋トレ・ストレッチするなど

 

無理なく毎日できる運動を探してみましょう。

 

 

今すぐできる体臭改善法!

 

 

 

上で紹介したニオイの元を絶つ対策は、長く続けることで根本的に体臭を改善することができます。

 

ただ、1〜2日やってすぐ効果が出るものではないので、すぐに体臭を消したい!という対策にはなりません。

 

ですから、今すぐニオイを消すための手段として、もう1つの対策「今あるニオイを消す対策」」を

 

並行してやっていく必要があるんですね。

 

ここからは、そんな即効性のある体臭改善法とおすすめのアイテムを紹介していきます。

 

 

しっかり洗えば臭わない?

 

 

 

体臭の多くは皮脂+汗+雑菌によって発生します。

 

つまり皮脂・汗・雑菌を抑えることができれば、ニオイは気にならなくなるということですね。

 

 

 

これらを落とすことができるのは、お風呂で使うボディソープやシャンプーですが

 

「じゃあ、洗浄力の高ければ高いほど、ニオイが取れるんだ!」というと、それは違います。

 

実は汗・皮脂や雑菌にはそれぞれ大事な役割があるんです。

 

  • 汗…高くなった体温を下げる・肌を保湿する
  • 皮脂…皮膚を保護する&保湿する
  • 雑菌(常在菌)…身体にとって害となる雑菌から肌を守る

 

これらが一切なくなってしまうと、肌には色んな不具合が出てきてしまいます。

 

例えば雑菌がいなくなると別の雑菌が住み着き、余計に悪臭を放つことがありますし、

 

汗・皮脂も全て取り除いてしまうと、体が危機を感じて過剰分泌してしまうんです。

 

これではニオイを取るどころか、悪化させることになりますよね。

 

でも市販のボディソープやシャンプーは洗浄力が高すぎるものが、実は大半なんです…。

 

 

 

そこでボディソープやシャンプーに必要なのは、肌に優しく皮脂や雑菌を落としすぎない

 

成分であることがまず大事!

 

その上で、ニオイを抑制する効果がプラスされている物を選ぶのが正解だと思います。

 

 

身体のニオイを消すボディソープを使う!

 

 

 

そんな基準で私が選んだのは、「クリアネオパール」というボディソープです。

 

 



 

 

ニオイを防ぐ7つの植物成分が配合されているボディソープなんですが、このボディソープは

 

それ以外もすごいんです。

 

  • 黒ずみを防いでくれる
  • 保湿力がスゴイ

 

体臭ケアだけでなく、肌ケア、保湿ケアまでボディソープだけでできてしまうんです!

 

どれか1つという商品は沢山ありますが、ボディソープだけでこれだけ色んなケアをしてくれる商品って

 

ないですよね。

 

お肌に優しいアミノ酸洗浄成分なのに泡立ちも良く、私は泡立てネットでモコモコ泡を作って、

 

手で泡の塊を身体中に滑らせるように洗っています。

 

保湿成分がふんだんに入っているおかげで流した後も肌がしっとり。

 

ボディソープで洗った後に良いニオイで誤魔化すのではなく、消臭成分でしっかり体臭を

 

抑えてくれるのも個人的にはかなりポイントが高かったです。

 

 

頭皮や髪のニオイを消すシャンプーを使う!

 

 

 

一方、シャンプーは「ハーブガーデン」というものがおすすめです。

 

 



 

 

こちらもアミノ酸系の洗浄成分でお肌に優しいシャンプーなのはもちろん、頭皮のニオイを防ぐ

 

植物由来の成分が20種類も配合されています。

 

しかも、ベースとなる水もハーブウォーターを使っているという徹底ぶり!

 

 

 

アミノ酸系の洗浄成分を使っているシャンプーにありがちな洗っている時のきしみもなく、

 

泡立ちが良いので、髪を傷付けることなく洗えるのもいいですね。

 

さすがにヘアサロンでも使われているシャンプーなだけはあります。

 

他のシャンプーに比べるとニオイは意外にも少なく、ほのかにハーブの香りがするだけです。

 

こちらもニオイで誤魔化すような感じではなく、きっちりニオイを消してくれている感じなのが好印象でした。

 

 

ボディソープとシャンプーで変わった体臭

 

 

 

上で紹介した「クリアネオパール」「ハーブガーデン」で体臭対策をし始めて数日後、

 

私はちょっとビビリながらも彼氏に「今日はニオイ大丈夫?」と思い切って聞いてみたんです。

 

すると、彼は私の頭に顔を近づけてクンクンし、「うん、全然今日は全然臭わないよ」と言ってくれたんです。

 

 

 

私はこの時心の底からホッとしたのを覚えています。

 

最初に彼氏に「臭い」と言われてから、ここまで約2週間くらい。

 

もちろん、この時点では根本的な体臭改善まではいけていなかったんですが、

 

何とか早いうちに私の「臭い」イメージを消すことができたのは良かったと思います。

 

 

 

最近では食生活や生活も見直し、かなり根本的な体臭も改善できてきたかな?と思えるようになってきました。

 

まだもう少しボディソープとシャンプーを手放すのは勇気が要りますが(笑)

 

 

 

体臭は放置すればするほど、周りの人の悪い印象が強くなってしまいます。

 

あなたもいち早く体臭を減らしたいと思うなら、「クリアネオパール」「ハーブガーデン」是非試してみてください。

 

一般的に売られているボディソープやシャンプーよりは高いものですが、体臭を減らす以外にも

 

皮膚や髪に良いものなので、値段以上の価値があると思いますよ。